直方市の不動産ならエリアプラス > 株式会社エリアプラスのスタッフブログ記事一覧 > 借地と底地の違い

借地と底地の違い

≪ 前へ|借地と底地の違い   記事一覧   空き家の相続を放置するデメリット|北九州・直方|次へ ≫

借地と底地の違い

カテゴリ:不動産売却相談

「借地と底地の違いってなんですか?」






「土地の権利の種類と説明されたんですが、それでも良くわかりません…」 本日はそんなご相談がありましたので説明いたします!

 

借地権とは?


借地権とは"建物の所有を目的とする地上権又は土地の賃借権(借地借家法2一)"借地権は建物を建てるまたは所有する目的で、地主さんから土地を借り、その地代を支払うというものです。借地権には物権である地上権と、債権である次の3つ賃借権に分けられます。このように借地権と言っても3つの種類があり、その権利によって主張できる権利は違いますので契約の際には慎重に進めることが必要です。

 

底地権とは?


底地とは地上権や賃借権などの諸権利がついている土地の権利のことをさします。例として土地所有者が第三者に土地を貸し、地代収入を得ている土地の場合、その地代収入を得る為の権利を底地権と言います。

 

借地権底地権が設定されている土地の注意点


北九州市や直方市の不動産売買では借地権、底地権共に権利を持っている所有権者が売買をされることが多いですが中には土地を持っていても仕方ないとどちらかの権利を売却するお客様もいらっしゃいます。 借地権の譲渡等する際には地主さん(底地権の権利者)の承諾が必要になるなどの制約がかかります。 対して底地権の売却には借主さん(借地権者)の承諾は必要ありません。 双方、自身の持つ権利を理解されている場合には不動産会社を通せば大きなトラブルになる事は少ないでしょう。 しかし、おもいもよらぬ所でこの権利が顔を出すことがあります。 それは相続時です。土地を貸したり借りたりした本人には認識がありますが実際にその土地の所有者でない場合に相続人はその権利を相続したことを認識していない場合があります。そしてその借地権は実際に土地を利用していなくても相続時に課税対象となります。課税割合は路線価、もしくは国税庁のHPに記載されているので借地権を持っている方は一度チェックしておくと良いでしょう。



相続で得た土地を売却したいけど良くわからないな…と言う方はまず不動産会社へ相談する事をお勧めします。 エリアプラスでは土地相続や売却査定などの相談は無料で行っております。相続関係に関しては弁護士や司法書士などの専門家と共同でアドバイスを行っています。
≪ 前へ|借地と底地の違い   記事一覧   空き家の相続を放置するデメリット|北九州・直方|次へ ≫
  • 無料売却査定
  • あなたにぴったりなお住まいを探す
  • リノベーションサービス
  • スタッフ紹介
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 物件リクエスト
  • 内部ブログ
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 会社概要

    会社概要
    株式会社エリアプラス
    • 〒822-0001
    • 福岡県直方市大字感田2685-3
    • TEL/0949-28-7262
    • FAX/0949-28-7263
    • 福岡県知事 (1) 第018523号
  • モバイル

トップへ戻る